博多独楽(はかたこま)

イメージ
1,300年前、中国から子どもたちの遊びものとして竹製の唐ゴマが日本に伝えられ、17世紀後半、土台に鉄芯の心棒を打ち込んだ博多独楽が作られました。
それまでのコマとは違い、振りのないよく澄んで廻る博多独楽は手にとって移動させることが可能になり、ここにコマの曲芸が生まれ、各地のこま芸の発祥となりました。

イメージイメージ
博多の伝統工芸について トップヘ

Comments are closed.

このページの上へ戻る