「博多人形・歌舞伎の世界展」 ※終了しました

博多人形の歌舞伎ものは、江戸時代からずっと親しまれてきました。

また博多織も江戸時代に歌舞伎の中で取り上げられ、

その後舞台衣装として次々に登場してきました。

この度、博多座「六月博多座大歌舞伎」にちなみ、

演目の「仮名手本忠臣蔵」を題材とした讃井清兵衛作品約50体

(秋吉元氏所蔵)そのほか歌舞伎人形10数体を展示しております。

普段なかなか目にすることができない貴重な人形の数々。

博多座の歌舞伎見物と合わせて、博多人形・博多織に観る

歌舞伎の世界を、是非お楽しみ下さい。

(ふるさと館では歌舞伎錦絵展開催中です:6月3日~28日)

主催:博多人形商工業協同組合 共催:博多織工業組合

※博多人形・歌舞伎の世界展は6月28日(火)までです。

博多人形歌舞伎の世界展

(2011年06月02日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る