はかた伝統工芸館はいよいよ4月7日(木)10:30にオープン!



福岡市を代表する伝統工芸品の、博多織や博多人形。身近なようで意外と深い、これら伝統工芸品の魅力にせまる施設『はかた伝統工芸館』が、いよいよ4月7日(木)にオープンします。

博多織や博多人形の制作過程や歴史的な代表作品がじっくり鑑賞できるほか、福岡・博多に縁のある工芸品――博多曲物、博多鋏(はさみ)、博多独楽(こま)、博多張子、筑前博多矢、マルティグラスの展示もあります。

建物は、昔から博多っ子に親しまれていた旧冷泉公民館(昭和51年築)を改修して造られました。すぐそばには、櫛田神社や「博多町家」ふるさと館もある好立地。博多により深く親しむ、観光客にもおすすめのスポットが誕生です!

4/7(木)は、10:30からの開館となります。

(2011年04月01日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る