※終了しました 「絲衣司 伝統工芸と伝統芸能の彩り展」6月16日(月)まで開催中!

昨年好評だった「絲衣司 伝統工芸と伝統芸能の彩り展」。

「和」の職人集団 『絲衣司』 は、”着物を着ることがもっと楽しくなるように”
という想いから、色や柄、染めや織などの素材から特注する、
世界にひとつしかない自分好みの着物や帯を創り、全国で展開しています。

6月13日から開催しているイベントでは、伝統工芸のコラボとして、
絲衣司の職人・江戸古法友禅の高橋孝之氏、爪掻本綴の服部秀司氏、
博多織の中野真由さんの創り手3名による作品展を行います。

また、イベント期間中に開催されている博多座公演「六月博多座大歌舞伎」に
合わせ、”伝統の技”に加えて、”伝統芸能”との融合にもこだわりました。
そのひとつとして、公演に出演されている片岡愛之助氏プロデュースのきもの・
おび・こもの お誂え相談会を行います。

さらに、福岡ではなかなか見ることのできない高橋氏の「墨流し体験」も
行います。※墨流し染は水面に浮かべた顔料で模様を描き、それを紙や
布に写し取る技法です。
体験コーナーは6月15日(日)のみ実施です。

京都・江戸・博多の創り手の、素敵な作品の展示・販売、
体験コーナーを是非お楽しみください!

期 間: 2014年6月13日(金)~6月15日(日)→期間延長
     10:00~18:00(入館は17:30まで)
 ※期間延長 6月16日(月)まで開催。会場は2階に変更となります。

主 催: 服部綴工房 服部 秀司

併 催: 片岡愛之助プロデュース きもの・おび・こものお誂え相談会

場 所: 6月13日(金)~6月15日(日)  はかた伝統工芸館 1階
6月16日(月)             はかた伝統工芸館 2階      

【爪掻本綴の服部秀司氏・博多織の中野真由さん】
【博多座公演 愛之助さんが現在公演中の
「鯉つかみ」をイメージした帯と着物・その他の作品の一部】


















(2014年06月07日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る