11月9日(金)第5回 はかた伝統工芸館が贈る「博多の伝統工芸、匠と語る夕べ」19時~21時まで ※終了いたしました。

2012年秋の「福たび」企画の第2回目として、博多人形「白彫会(はくちょうかい)」会長 小副川祐二(おそえがわゆうじ)氏をゲストにお招きし、匠と語る夕べを開催いたします。

小副川氏が会長をつとめる「白彫会」は、博多の三大祭りの筥崎宮 放生会で有名な、「博多はじき」を毎年制作していることで知られています。

人形師としての制作の喜びや苦悩、熱い想いをお話いただきます。

そんな小副川氏と夕食を楽しみながら、共に語らう。

週末の素敵な時間を一緒に過ごしませんか。

皆様のご参加、お待ちしております。



☆募集要項☆

日 時 :11月9日(金) 午後7時~午後9時

     (受付は、午後6時半~)

     ★匠によるお話

     ★匠へのお尋ね

     ★交流・会食   

※終了後には記念写真を撮らせていただきます。

場 所 :はかた伝統工芸館 1階

料 金 :3,000円(夕食代のみ)

     ※こだわりの食事を提供します。ご期待ください!

定 員 :先着12名(最低実施人数8名) 

     ※11月5日締切

〈お申込み・お問い合わせ先〉

①電話や来館によりお申込みください。先着順に受付けし、定員になり次第締め切ります。

②申込みの際、「氏名」、「連絡先(電話番号、メールアドレスなど)」などをお知らせください。

◆はかた伝統工芸館:(スタッフ)木村、坂口、保田

(住所) 〒812-0026 福岡市博多区上川端町6-1

(TEL)092-409-5450

(FAX)092-409-5460

(HP)http://hakata-dentou-kougeikan.jp

(2012年10月17日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る