2021.2.23【イベント】2.25~3.9「博多人形 七五三吉工房展」開催のお知らせ











 

はかた伝統工芸館は、
2月25日(木)~3月9日(火)まで
『博多人形七五三吉(しめきち)工房展』を開催します。


美人ものから童ものまで幅広い作風で
定評がある七五三(しめ)吉(きち)氏。

15歳の時に弟子入り、
博多人形師として60年以上の熟練の技をお楽しみいただきます。

                              
【 実施概要 】
■期   間: 2021年2月25日(木)~3月9日(火)

■営業時間: 10:00~18:00(入館は17:30まで) 
※最終日は17:00まで

■場   所: はかた伝統工芸館 1階企画展示室   ※入館無料

■内   容: 博多人形師七五三吉氏の作品展。
美人ものから童ものまで約20点を展示・紹介。
期間中は実演と博多人形「アマビエマグネット」などの絵付け体験を実施。



【作品の一部】

アマビエ













<体験教室>
13:00~17:00 1回の定員2名まで。※随時受付
参加費 500円~1,000円
※コロナ感染拡大防止の徹底のもと行います。


アマビエマグネット






おはじき







【博多人形師・七五三(しめ)吉(きち)/髙野幸博プロフィール】

1940年博多人形師 髙野七五三吉の長男として
福岡市東区箱崎で生まれる。
幼少期に父の他界により、
博多人形師 川崎虎雄に師事。
9年間の修行の後、独立。
1996年に伝統工芸士に認定。
2014年に故・父 七五三吉の名を継ぎ、
2代目七五三吉として
後継者育成にも努める。






(2021年02月23日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る