2020.10.14【ニュース】「博多人形師育成塾」表彰式・修了式が行われました。

<ニュース>



本日、博多人形師育成塾の表彰式と修了式が行われました。


関係者より、塾生のみなさんへ贈ることばが伝えられました。


博多人形商工業協同組合 武吉理事長より

「7期生、8期生のみなさんお疲れ様でした。
みなさんの作品は、とても素直に表現されており、
新鮮な気持ちにさせてもらいました。
全体的にみなさんよくでき出来ており、感心しました。
今後はさらに経験を重ねて人形づくりを続けていただきたい。
期待しています、がんばってください。」







福岡市経済観光文化局 総務・中小企業 酒井部長より


「この育成塾は、博多人形の後継者の発展と育成を目的に
平成13年からはじまりましたが、これまで300名が修了されています。
その中から、様々な賞を受賞された方も多数誕生しています。
博多人形400年以上の歴史の中に、
みなさんたちによって新たな歴史を刻んでいただきたいと期待しています。」








表彰式の様子


最優秀賞 8期生 小野明日香さん 


受賞作品「巫女神楽」











小野さんコメント

「博多人形に興味・関心はありましたが、全く知識のない中、
根気よくご指導いただいた先生方に感謝しています。
とても楽しく制作することがでました。
一生懸命つくったので努力の甲斐がありました。
このような貴重な機会を与えていただきありがとうございました。」 




優秀賞 8期生 井上ほのかさん 

受賞作品「方城の舞」










井上さんコメント

「基本をしっかり学びましたので、そこをいかすように、
身体の骨格や肉づけなどをリアルに表現することを心掛けました。
顔の口角を上げている表情や輪郭には特に力を入れました。
思い入れのある題材なので、
最初は家族に喜んで欲しいと思ってつくった作品ですが、
仕上げていくうちに、みなさんにも見てほしいと思いながらつくりました。」




優秀賞 8期生 宮近迪律子さん 

受賞作品「おやゆび姫」












宮近さんコメント

「先生方のご指導のおかげで楽しくつくることができました。
 これからもがんばります。」





優秀賞 7期生 自覚光子さん 

受賞作品「昭道和尚」










自覚さんコメント

「この作品は父をつくったものなのですが、
 似せようとするとすごく難しく大変でした。
 袈裟の着物の柄や、しわの入れ方などには特にこだわって表現しています。
 これからも、先生について博多人形は続けていき、与一賞に出展したいです。」




修了式のようす







指導された小副川先生(右)と松尾先生(左)








みんなで記念撮影








塾生のみなさん、お疲れ様でした。

受賞されたみなさんおめでとうございます。

これからも是非、博多人形に携わっていただけることを願っています。


はかた伝統工芸館は、
明日より「博多織・博多人形伝統工芸士認定記念展」が始まります。

今回博多人形伝統工芸士に認定された方の中に、
この育成塾の修了生から4名が認定されています。

期間中は、認定者と作品を展示・紹介しています。






(2020年10月14日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る