2020.10.8【リポート】「博多人形師育成塾作品発表会」リポートVOL.1






「博多人形師育成塾作品発表会」リポートVOL.1





本日10月8日(木)から
「博多人形師育成塾作品発表会」が始まりました。


昨日審査会の結果をお知らせしましたが、
今日は7期生6名の作品をご紹介します。



塾生のみなさんが博多人形の基礎をしっかり学び、
構想から制作まで1年かけてつくりあげた渾身の作品です。



【7期生】

角銅清美 「博多夢芝居」

梅沢富美男さんをイメージした芸妓さんだそうです。










芸妓さんが締めている博多織の柄に注目!
献上柄と思いきや、
上部には「福岡市のロゴマーク」が描かれています。








川田迅人 「半蔀」











自覚光子 「昭道和尚」

この作品は、
住職であるお父様をモデルに作られたそうです。












帶刀尚矢 「加藤清正」












長阿彌晴子 「ひなまつり」













東原久子 「実りの風」











次回は、8期生の作品を紹介します。




(2020年10月08日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る