2020.9.13  【リポート】「HAKATA JAPAN 20周年記念展」リポートVOL.2






「HAKATA JAPAN 20周年記念展」リポートVOL.2



今日も、こだわりの作品をご紹介します。


20年に渡りHAKATA JAPANさんと作家さんが作り上げてきた
博多織のコラボ商品の数々は、
さまざまな分野の作家さんたちの想いが込められたものばかりです。



■木の実とスパイスのアート×博多織■



ザルツブルガーアート作家 
花井良栄さん、山部弘子さん、麻生さやかさんとのコラボです。


木の実やスパイスなどにブイヨンと呼ばれる特殊なワイヤーや
ビーズなどをアレンジして作るドイツ・バイエルン地方の伝統工芸。







リースやアクセサリーに博多織を使って、
和と洋のテイストを絡めた作品です。





































■ビーズクラフト×博多織■


ビーズ作家リナ工房さんによるビーズと博多織を使ったアクセサリー。











博多織がビーズのデコレーションでより洗練されたアクセサリーに。




















■つまみ細工×博多織■


寿ぎ堂さんによるつまみ細工を博多織で表現。






通常はちりめんを使うところを
博多織の生地を使って製作するため
製作期間は2倍かかるという手間のかかった作品です。

















■アートフラワー×博多織■



アートフラワー作家SAYUMIさんによる
博多織の生地を使った花・装飾の作品です。













■コサージュ・ブーケ×博多織■


コサージュブランドCDKさんと博多織のコラボ作品。

切り分けた上質のシルクを丹念に染め上げ、
花びら一枚一枚を丁寧に製作しています。







その花びらの生地に博多織を使用し
美しさを際立たせた作品です。













鴛海社長に、
HAKATA JAPAN、20年のこれまでを
振り返りながら今後の意気込みをお聞きしました。



HAKATA JAPAN 鴛海社長

「これまで様々な人たちのおかげで続けてくることができました。
博多織を帯や着物だけでなく日常的に使ってもらうために、
多くの方々と関わり、いろいろな形で博多織の作品を出してきました。

どれも作り手の皆さんと試行錯誤しながらベストなものを作りあげてきました。

これからも新たな分野の博多織を出し続け、
皆さんと一緒に、福岡・博多を盛り上げていきたいと思います。」


(2020年09月13日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る