2020.9.4  【お知らせ】2階常設展示室の博多人形の入れ替えを行いました  


<2階常設展示室についてお知らせ>



はかた伝統工芸館2階の常設展示室では、
博多織や博多人形の歴史のある先人たちの
貴重な作品や現在活躍されている作家さんの
作品を展示・紹介しています。



その中の「現代の作家さんを紹介するコーナー」の
作品の入れ替えを行いましたのでお知らせします。



今回の作品は、
津志田孟さん作「樋口一葉 たけくらべ」と
鶴田加奈子さん作「アカネ」です。



【作品紹介】



「樋口一葉 たけくらべ」  津志田孟 作


作者は、美人もの、武者ものを得意としています。



この作品は、樋口一葉のたけくらべが題材です。

遊女になる運命の少女と僧侶になる運命の少年、
お互い別の道を歩むことが決まっている二人の
淡い恋と別れを描く青春の一幕。


二人だけの想い出である水仙の花が意味するラストシーン。

信如と美登利のせつない想いを表現しています。

























二人のせつない想いを水仙に馳せて・・・








着物の柄にも注目。
線書技法を用いた彩色の細かさを間近でじっくりご覧ください。














「アカネ」 鶴田加奈子 作


作者は、縁起ものが好きで、
作風の中でも縁起ものを得意としています。


「完成する際に“a-ka-ne”という音が降りてきました」と鶴田さん。

ふと立ち止まり、静かに内面を見つめている少女の姿を表現しています。

この作品は、これまでの作風から「変化」と「挑戦」が生まれ作品です。































(2020年09月04日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る