5月11日(金)第2回 はかた伝統工芸館が贈る「博多の伝統工芸、匠と語る夕べ」参加者募集! ※終了いたしました。

春の「福たび」企画の第2回目として、昨年9月に秋篠宮ご夫妻のはかた伝統工芸館訪問の際に、博多織の実演をされた博多織手機技能修士 瀧口涼子氏をゲストにお招きします。

織物制作への熱い思いや、出来上がったときの喜びなど、匠の声に耳を傾け、夕食を楽しみながら、共に語らう。そんな週末の素敵な時間を一緒に過ごしませんか。

また今回は、同じ博多織手機技能修士として活躍中の脇山俊明氏も応援に来られます。

参加ご希望の方は、はかた伝統工芸館までご連絡ください。

会期:5月11日(金) 午後7時~午後9時(受付は午後6時30分から)

   ★匠によるお話・お尋ね

   ★交流・会食

   ※終了後には記念写真を撮らせていただきます。

会場:はかた伝統工芸館(TEL:092-409-5450

料金:3,000円(夕食代のみ)

定員:先着12名(最低実施人数8名)

    ※5月7日締切

(2012年04月12日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る