2020.7.28  【リポート】「夏のイッピン展」リポートVOL.3

「夏のイッピン展」リポートVOL.3



今日は、博多張子についてご紹介します。


博多張子は江戸中期、
博多御用商人が大阪で張子を学んだとされています。



博多の町ではおきあがりこぼしが
庶民の暮らしの中で親しまれてきました。



昭和30年代頃までは、
大晦日に「姫だるま」を売り歩く姿が多く見られ、
各家庭でお正月に「姫だるま」を飾り
1年の縁起を願うのが習慣だったようです。



博多張子は、
「男だるま「姫だるま」「虎」「タイ」「フク」
「面」「ぼてかずら」が代表的なものになります。



これらは主に縁起物として私たちのくらしの中で使われています。



「だるま」は、1月8日から11日まで
十日恵比寿神社で行われる正月大祭の、
福引の景品として恵比寿だるまが作られています。


「タイ」や「フク」は、
昔は福笹につけ「さげもん」という縁起物に使われていました。



「面」や「ぼてかずら」はお祭りで、
博多どんたくのパレードで張子の面をつけて練り歩く姿や、
博多にわかのみなさんが
頭にかぶっているかつらなどで使われています。



今回の作品展は、
創作張子を中心に、夏らしい作品をご覧いただきます。


まずは伝統的な「だるま」から。
博多張子は縁起物なので通常は
厄除けの意味を持つ「赤いだるま」です。


今回出品いただいた「だるま」は、
「夏」らしさと「健康」を意味する
「緑」を使った「緑のだるま」です。



作者/三浦隆 作


「男だるま」








続いては「創作張子」。


今回の作品展のために作っていただいた
イッピンたちをご紹介します。



作者/河野正明 作



<なまずシリーズ>

「なまずとサル」


なぜサル? なのかは、
作品展の会場に来ると分かります・・・















「なまずとカエル」













カエルの手と足を見てください。

なまずに振り落とされないように、
ひげに必死につかまっている細かな手と足の表現が
とってもキュート^^










「なまずとだるま」














「タイ」「フク」









作者/三好由美子 作



「クジラ」









「金魚大」
















「金魚小」「クジラ小」

















「タイ・フク小」








ひとつひとつ丁寧に作っているので、
表情もひとつひとつ違います。
自分好みのものを探すのも楽しいですよ。


次回は、博多人形を紹介します。




























(2020年07月28日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る