2020.7.25  【リポート】「夏のイッピン展」リポートVOL.2


「夏のイッピン展」リポートVOL.2





今日は、マルティグラスについてご紹介します。




マルティグラスは、
マルティプル レイヤー グラス
(多重積層のガラス)を表しています。



<特徴>

性質の違う色ガラスを何層にも重ねて
独特の色や模様を出していきます。




<アイテム>

干支ものや節句もの動物などの
オーナメントを中心に、
グラスなどのテーブルウエア、花器など
日常品も幅広くつくっています。




今回は、
夏にピッタリのグラス類や風鈴、
金魚などのオーナメントをご用意しました。




<色の魔術師>

これぞマルティグラスの真骨頂!
何種類もの色ガラスを組み合わせて出来る色合い、
そしてリアルを追求した成形は、
繊細で美しく、マルティグラスの世界を表現しています。




金魚
1500℃の炎の中で生まれた色彩にうっとり・・・























































抹茶椀




























<テーブルウエア>

グラス




























レース模様の繊細さが際立つイッピン



花瓶



















レース大皿









花瓶














<番外編>



カレット


ガラスのかけらがインテリアに変身















風鈴

それぞれガラスの厚さが違うので、音色もすべて違います













カニ








エンゼルフィッシュ









カメ









この夏、新たなマルティグラスの魅力をお楽しみください。



次回は、博多張子をご紹介します。








(2020年07月25日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る