【ニュース】博多織と博多人形の伝統工芸士が誕生!②





博多織と博多人形の伝統工芸士が誕生②


福岡が誇る伝統的工芸品である博多織と博多人形の
伝統工芸士が13名誕生ということで、その新たに誕生した
博多人形の伝統工芸士9名のみなさんをご紹介します。


現在、博多人形の伝統工芸士は37名で、
今回9名のみなさんが認定され、46名になりました。


博多人形の伝統工芸士の認定は5年ぶりということです。

そのうちの4名は「博多人形師育成塾」の修了生が認定しています。
博多人形そして伝統工芸の次世代を担う世代の活躍が、
これからますます期待できますね!


では、9名の伝統工芸士のみなさんをご紹介します。



馬場千代子(ばば ちよこ)さん






作品







中村信喬(なかむら しんきょう)さん





作品












光石貴(みついし たかし)さん






作品












小副川太郎(おそえがわ たろう)さん






作品









田中勇気(たなか ゆうき)さん






作品









緒方恵子(おがた けいこ)さん






作品








野田祐輔(のだ ゆうすけ)さん







作品












宮永誉(みやなが ほまれ)さん







作品












田中勇(たなか いさむ)さん






作品










みなさん
本当におめでとうございます。



伝統工芸を目指す方々の入り口として、
代々受け継いでいる方、
弟子入りして厳しい修行を終えたのちに独立する方、それぞれですが。

その中で、博多織と博多人形は、
その技術を一から学び、承継するチャンスが得られる学校があります。


伝統工芸の世界は、全国的にみても後継者不足が課題となっており、
福岡も少なからず後継者の数は減ってきています。

今回の伝統工芸士に認定された方々の中には、
これらの学校で学び、弟子入りして、そのチャンスを掴みました。

この世界に興味のある方、目指す方がいらっしゃれば、
是非、チャンスを掴んでみてください。


<博多織DCについてお問い合わせ>
博多織DC


<博多人形師育成塾についてお問い合わせ> 
博多人形商工業協同組合








(2020年05月14日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る