【リポート12】≪母の日×伝統工芸②≫「知って・誇ろう!福岡・博多の伝統工芸」

「知って・誇ろう 福岡・博多の伝統工芸」リポートVOL.12


「知って・誇ろう」をテーマに、福岡・博多の伝統工芸を紹介するリポート。


「母の日」にむけて、「母の日 × 伝統工芸」第2弾!


前回で、「母の日」にカーネーションを贈る由来を紹介しましたが、


今日は、「カーネーション」の花言葉について・・・

赤いカーネーションは、「母への愛」

ピンクのカーネーションは、「感謝」という意味があるそうです。


ピンクのカーネーションが意味する「感謝」の気持ちを込めて、
「お母さん」、そして今、新型コロナウイルスの影響で、日々奮闘いただいている
医療従事者の皆さん、人々の暮らしを支えるお仕事に携わっている多くの皆さんに、
「感謝」の気持ちを込めてお伝えしたいと思います。



「母の日 × 伝統工芸・博多人形」


【縁起もの・5福人形】








「招き猫」   宮永誉 作


右手を挙げた猫は「金運」を招き、
左手を挙げた猫は「人」を招くといわれ、
開運をもたらす招き猫














赤い招き猫は、病除けの意味も持っています!
最強の縁起もの、皆さんにも届きますように・・・





「だるま」   田中勇気 作

七転八起、無病息災の縁起もの












青いだるまは、
仕事・学業運、平和を意味します





「大黒天」 西山陽一 作


金運をもたらす大黒さま
神々しく金色に輝いています。












「ふくろう」  石田哲志 作


先を見通し未来を切り開く力があるふくろう
招福、幸せの象徴です。









緑色のふくろうは、健康運をあげてくれます。





「福犬」    臼杵康弘 作


福をもたらし安産祈願の福犬さま
ピンク色で恋愛運もUP・・・


















この5福人形は、
当館来館者100万人達成(2020年2月22日達成)の
記念として、みなさんに「福」が訪れますようにと、
願いを込めて、
5人の博多人形師さんに作っていただいた縁起ものです。


どうか、皆さんにも福が訪れますように・・・

(2020年05月09日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る