【リポート】博多祇園山笠リポート!

博多祗園山笠リポート!

7月14日(日)午後23時
追い山前の櫛田神社・清道。








7月15日(月・祝)午前1時
はかた伝統工芸館前の信号が山笠にあたらないように、
向きを変える作業が行われます。







午前2時30分、RKBさんの山笠目前生中継のリハーサルが始まります。  






午前3時、一番山笠から八番山笠までが並びます。

今年の一番山笠千代流












男衆の中に頼もしい小さな姿が




午前3時10分 RKBさんの生中継がスタート








午前4時30分 
ここからは櫛田入りする前の一番山笠から八番山笠のようすです。

一番山笠 千代流




二番山笠 恵比須流




三番山笠 土居流




四番山笠 大黒流




五番山笠 東流




六番山笠 中洲流





七番山笠 西流




八番山笠 上川川端通









櫛田入りする直前に見送りの「三人形」の飾りが
みるみるうちに伸びてきて、見事です!


全ての流れの山笠が櫛田入りし、博多の町へ
飛び出していきます。


しばらくすると、信号を戻す作業が始まりました。








その後はゴミ拾い、街の清掃がはじまります。
写真は撮れませんでしたが、子どもたちによる
清掃もされていました。





最後に、土居流が大乗寺前町詰所に戻ってきました。









櫛田神社に保管するため山笠の舁き棒を取り外す作業が行われます。


そして最後は、山笠中継を放送して下さったテレビ局の方々が
中継の後片付けを始めます。




このように博多祗園山笠には多くの方々が関わり盛り上げていることに
毎年感動する瞬間です。

今年も天候も良く、博多祗園山笠に関わるすべての皆さん、
そして国内外から見に来てくださった多くの皆さんが、
博多祗園山笠を盛り上げて下さいました。

皆さん感動をありがとうございました。

































(2019年07月16日更新)

コメントは停止中です。

このページの上へ戻る