【リポート】「博多人形師育成塾作品発表会」リポートVOL.1

「博多人形師育成塾作品発表会」 リポートVOL.1 !


昨日3月20日に、博多人形師育成塾の6期生、7期生による
作品の発表と審査会が行われました。

審査の基準は、
1.着想(創造性、アイデア)
2.かたち(形態、表情)
3.彩色(色づかいなど)
の3つのポイントから審査委員のみなさんが審査を行います。

塾生26名による27作品の中から、
この3部門がバランスよく仕上った作品に
最優秀賞と優秀賞が選ばれます。


<審査会の様子>










塾生のみなさんは、ドキドキしながら審査結果を待ち、
厳選なる審査の結果、

最優秀賞に
自覚光子さん(7期生)/「ワルツの時間」







優秀賞に、
伊地知真琴さん(6期生)/「九紋竜史進」








鍛冶郁美さん(7期生)/「赤ちゃんと青ちゃん」






角胴清美さん(7期生)/「お兄ちゃん待って~」







4名の塾生が各賞に選ばれました!
おめでとうございます。

博多人形商工業協同組合 武吉理事長から塾生のみなさんに、
「博多人形は、しっかりした“デッサン力”を身につけて
“かたち”を作ることが一番大切です。
そして次に彩色で、色使いなどの感覚を養うことです。」
受賞作品には、
「体の線やバランスがいい、色の配色、間隔がいい、
デッザン力をつければもっとおもしろい作品になる」などと
一人一人に感想を伝えました。
そして総評として、
「皆さん非常に努力しているのが分かる作品ばかりです。
良く頑張ったと思います。
これからも博多人形に携わって勉強を続けていただきたい。」
と語られていました。




<博多人形師育成塾のみなさん>








表彰式・修了式は作品展の最終日3月26日(火)に行われます。
塾生の作品は引き続き、またリポートでお届けします。

(2019年03月21日更新)

Comments are closed.

このページの上へ戻る