【リポート】「博多人形雛人形展」リポート VOL.02!

「博多人形雛人形展」リポート VOL.02!

今日は「博多人形雛人形展」にJ:COM福岡さんが
取材に来て下さいました。ありがとうございます。

2月14日(木)17:00の「デイリーニュース」で
紹介していただきます。





さて、雛人形といえば、女の子が生まれたご家庭で、
桃の節句のお祝いに飾る方が多いかと思います。

ところが最近では「自分用」に、「インテリア用」に、「お店用」にと
小さなサイズの雛人形をお求めになる方が増えています。

また、長女だけに買ってあげて次女にはおさがりはかわいそう、
ということで、小さ目のサイズをお求めになる方もいます。

博多人形は、置き場所がない、値段が高いというイメージを
お持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、節句ものや干支ものは、
お買い求めやすい価格で作家さんたちが作っています。
なので、あの作家さんの作品がこの価格で買えるんですか?
と驚かれる方もいらっしゃいます^^

日常的に飾れるよう、普段使いできるデザインも多いので、
きっとイメージも変わると思います。

是非、この機会に、伝統工芸を気軽に見に来てください。
4月は、端午の節句に合わせて、
「博多人形節句人形展」が開催されますので、お楽しみに!


【作品の一部】

多田明正 作
「源氏雛」




サイズがわかるように100円玉置いてみました~


「福雛」



小さくても、着物の柄ひとつひとつ丁寧に彩色、面相も大変です。


室井聖太郎 作
「雛」




馬場千代子 作
「雛」




小副川祐二 作
「雛」



「延寿」




本田宗也 作
「優立雛」




植木 進 作
「千寿雛(小)」




「千寿雛(大)」




後藤源慶 作
「光彩雛」









(2019年02月09日更新)

Comments are closed.

このページの上へ戻る