【イベント】「金潤善(キムユンソン)のセクシルヌビ展」開催のお知らせ

 
はかた伝統工芸館は、
9月20日(木)~9月25日(火)まで
「金潤善(キムユンソン)のセクシルヌビ展」を開催。

セクシルヌビとは、
韓国の伝統的な技法・砧打ちで制作した布や韓紙、
多様な色の絹糸が使われ、皮のように丈夫な韓国の伝統手芸です。
今回は、韓国で30年以上セクシルヌビの制作と研究を行っている
金潤善氏による作品展となります。
作品展では、セクシルヌビの紹介や伝統技術で
日常的に使うものにアレンジした作品を展示・販売します。

                        
【「金潤善(キムユンソン)のセクシルヌビ展」について】

日 時: 2018年9月20日(木)~9月25日(火)  
10:00~18:00 ※最終日は17:00まで

場 所: はかた伝統工芸館 1階 (福岡市博多区上川端町6-1)

主 催: 金潤善セクシルヌビ実行委員会

内 容: 
韓国唯一のセクシルヌビ匠、金潤善氏によるセクシルヌビの紹介や、
伝統技術で日常的に使うバッグやメガネケースなど約30作品を展示・販売。
期間中は金氏も来日。


<金潤善(キムユンソン)氏プロフィール>
■1997年第22回大韓民国伝承工芸大典 
文化財保護財団理事長受賞
■2005年30回韓国伝承工芸大典 
韓国無形文化財技能保存会理事長賞受賞
■2012年第42回大韓民国工芸品大典 
知識経済部長官賞受賞
■2015年セクシルヌビ職種熟練技術伝授者指定
    

<セクシルヌビとは>
二枚の布の間に韓紙をこよりの様に長く撚り合わせ入れ、
その線に沿って色糸で細かく返し縫を繰り返す韓国の伝統手芸。
韓国の伝統技法、砧打ちで仕上げた布と韓紙、
多様な色の絹糸が使われ、皮のように丈夫なのが特徴。








                              

(2018年09月16日更新)

Comments are closed.

このページの上へ戻る