【リポート】「第48回博多人形与一賞展」リポート!

「第48回博多人形与一賞展」リポート!


博多人形の制作経験年数15年以下の若手博多人形師の登竜門
「博多人形与一賞展」がはじまりました。

「博多人形与一賞」は、長年博多人形の発展に尽くした
博多人形師・故 小島与一氏にちなんだ賞で、
毎年、次世代を担う後継者の創作意欲と技術技法の向上を図る目的で
開催しています。

はかた伝統工芸館では、
今年も「与一賞」受賞作品をはじめ出品作品を展示・紹介しています。


今年の「与一賞」は、出品作20作品の中から、
藤野由貴子さんの「挑む」が受賞しました。
おめでとうございます。

与一賞ほか受賞作品、
出品作品をご紹介します。


【与一賞】 「挑む」 藤野由貴子 作









<受賞の感想と抱負>

技術的にはまだまだ未熟ですが、賞をいただいたことは、
今後も頑張りなさいという応援の意味だと思いますので、
今後も一生懸命に、努力、勉強し、精進していきたいと思います。


【特選】 「纏持(まといも)ち」 青木利絵 作








【特選】 「刹那(setsuna)」  有田順一 作







【大丸賞】  「NASORIの調べ」 野田恵美子 作







【博多人形商工業協同組合理事長賞】 
「オルレアンの乙女」  桑原修 作






【出品作品】※順不同

「無憂王(あしょーか)の改心」  田中恵理子 作







「月夜の願い」  西頭大蔵 作







「瑞祥」 上谷満咲樹 作







「宇迦之御魂神」 菅井綾子 作







「BONSAI」 井上仁美 作







「Off Time」 樋口久美子 作




「ふれあい」 坂井 達哉 作




「虞美人(ひなげし)の舞」 川脇 綾







「楽の音(がくのね)」 前田小百合 作






「春姫(濡衣塚より)」 中川絵里 作







「(青水仙、赤水仙より)家(おうち)でお手玉」 森山圭子 作




「確乎不動明王坐像(かっこふどうみょうおうざぞう)榎木友亮 作






「華やか」 山本美香 作







「猫の曲手(きょくて)まり」田口光弘 作






「潮干」  馬場崎妙子 作










作品展は、9月11日(火)までです。
みなさん是非お越しください。


(2018年08月30日更新)

Comments are closed.

このページの上へ戻る