【リポート】「伝統工芸×妖怪祭」リポートVOL.2!

「伝統工芸×妖怪祭」リポートVOL.2!


伝統工芸の作家さんたちによる「妖怪たち」は
遊び心満載で、来館されるお客様も皆さん楽しそうです^^


今日は、FBSさん、毎日新聞さん、西日本新聞さんが
取材に来て下さいました。
いつもありがとうございます!
今日、8月16日(木)18:30からのFBS「めんたいPLUS」
でご紹介いただきます。








では、今日も作品の続きをご紹介します。

マルティグラス 杉岡良紀 作
「赤鬼・青鬼」








博多人形師 宮永誉 作
「茨木」



「猫の怪」













博多人形師 梶原正二 作
「野仏」








博多張子 河野正明 作
「厄除け妖怪」
シールを貼って厄を払って、
勝負運、健康運、恋愛運、仕事運をあげよう!

たくさんの方の願いのシールでいっぱいに^^







有田焼創作絵付師  華仙 作

「豆皿・片手足目玉」



「豆皿・岩小僧」




「豆皿・蛙人間」




「盃・目玉紫唐草」







有田焼 白磁陶芸作家 井上祐希 作


「白磁蓋付釉滴汲出碗」

ん?一旦木綿?  いえいえ碗です!







いろいろな表情がありますねえ。










昨日(18日)もう1つ「妖怪」が仲間入りしました~

博多人形師 永野繁大 作
「電灯的工芸品 つるべ落とし」(ランプシェード)

博多人形の素焼きは熱に強く燃えない素材なので
ランプにもってこい!つるべ落としは、高いところから
落ちてくる頭だけの妖怪で、これまたモチーフにぴったり!
と、博多人形ならではの技術で造形をリアルに表現、
ランプにすることでさらに妖光な雰囲気が・・・










博多人形の新たな世界ですねえ~


作品展は、8月21日(火)までです。














(2018年08月16日更新)

Comments are closed.

このページの上へ戻る