【リポート】「伝統工芸×妖怪祭」リポートVOL.1!

毎年大人気の「博多人形妖怪展」は終了しましたが、
妖怪シリーズ第2弾!として、
8月16日(木)から「伝統工芸×妖怪祭」を開催します。

博多織、博多人形(博多人形妖怪展で出品された作品の一部)、
博多張子、マルティグラス、有田焼の作家のみなさんによる
伝統工芸の技術で誕生した「妖怪たち」をお楽しみいただきます。

作品の一部を紹介します。

【博多織】

原田織物株式会社
「八寸なごや帯 妖怪文様」




「男帯 妖怪文様」










裏の模様




よ~くみると妖怪絵巻のような妖怪たちが・・・渋い




表は妖怪満載、裏はシンプルに




有田焼
華仙作 「雪山水妖怪絵図」










中は、こんなにキュートです^^




だけど・・・表は・・・








リアルあり、ぷっと笑えるのもあり、まるで妖怪絵巻のようで、
ぜいたくな茶漬け碗ですねえ。


有田焼
井上祐希 作  「白磁飯碗」

親父の飯碗風呂はじつは有田焼?????















有田焼×博多人形 コラボしてみました^^
博多人形 永野繁大 作 「赤っ恥」 



マルティグラス
杉岡良紀 作  「カラかさオバケ」






博多張子
河野 正明 作 「厄除け妖怪」




博多張子
三好由美子 作 「どらきゅら」







三好由美子 作 「九尾の嫁入り」





博多人形
永野繁大 作 「死神」

死神が宙に浮いているように見せるため、博多人形の
制作ではやらない技法で工夫。





博多人形
下川 貴士 作 「百鬼夜行図」





博多人形
宮永 誉 作  「かっぱ」




博多人形
梶原 正二  「酔いどれ鐘馗」




まだまだ作品はありますが、今日はこの辺で。

「伝統工芸×妖怪祭」は8月21日(火)までです。
みなさん、是非お越しください。





























(2018年08月15日更新)

Comments are closed.

このページの上へ戻る