【リポート】夏休み体験教室「博多人形で妖怪をつくろう」リポートVOL.5!

夏休み体験教室「妖怪をつくろう!」
最終日のリポートです。


今日も博多人形師・高野さんに指導いただきながら、
スタートしましたが、みんな緊張してる~





筆が何で作られているか、粘土がどこで取れるかなど、
彩色の前に、いろいろと教えていただき、みんな真剣に聞いています。


続いて絵の具の色の作り方や塗り方をしっかり学び、
いよいよ絵付けです!





この来年の干支・いのししがどう変わっていくか楽しみです^^














みんな最初は、恐る恐る塗っていましたが、
慣れたら今度は、先生に教わった手順で、
自分で好きな色を作り始めました。 
さすがです!

















もう、ここまできたら、ラストスパート!














さあ、金色、金粉を入れて仕上げです! 















名前を入れて完成です!









「妖怪・いのしし」の完成!

みんなよくできました~





























5日間、体験教室に参加してくださったみなさん、
講師のみなさん、ありがとうございました。
お疲れ様でした。
また、今回応募多数で、参加できなかったみなさん、
来年も、博多の伝統工芸を学んで、楽しめる体験教室を
実施しますので、お楽しみにしていてください。


はかた伝統工芸館は、福岡・博多のすばらしい
伝統工芸品を、より多くの方々に知ってもらい、
身近に感じて、日常的に使ってもらえるように、
常に情報発信をしています。

次世代を担う子どもたちに、このような機会をどんどん作って、
一人でも多くの人が、この伝統工芸に関わることを願っています。
できれば、ここから将来、工芸士さんになってもらえることを
夢見て・・・  継続して環境作りに励みます!

8月16日(木)から開催の「伝統工芸×妖怪祭」で展示する
子どもたちの作品を是非、見に来てください。

ちなみに、8月9日(木)からは、毎年人気の「第四界博多人形妖怪展」
で、博多人形の「妖怪たち」が勢揃いしますので、こちらも是非!








(2018年08月07日更新)

Comments are closed.

このページの上へ戻る