【お知らせ】「博多・有田の伝統工芸品展 in 高雄」 -日本伝統工芸作家×台湾芸術家交流展「妖怪展」-

はかた伝統工芸館は、2011年の開館以来、
福岡・博多の伝統工芸品のPRおよび販路拡大を目的に、
海外へ向けてプロモーション活動を行って参りました。

これまで韓国、イタリアなどで行い、2017年2月より3ケ月間、
台湾台南市・ランシャイトゥクリエイティブパークにて
「博多・有田の伝統工芸品展in台南」を実施し、
作品の展示、販売、PRを行いました。

同年10月には、これまではかた伝統工芸館が海外プロモーションで
交流を深めてきた関係者たちを福岡に招き「伝統工芸サミットin博多」
を開催し、大変好評を得た結果となりました。

そしてこの度、そのサミットに参加した台湾の現代美術関係者に招かれ、
高雄市内の画廊にて日本の伝統工芸作家・台湾の現代美術作家による
交流展を行う運びとなりました。

これまでの展示会とは異なり、台湾で人気の「妖怪」をテーマに、
双方の作家が作品を通して表現し合い交流を図ります。

同時に博多・有田の伝統工芸や観光のPRを行って参ります。

尚、6月9日(土)のオープニングでは、
福岡・有田から出品する作家も参加し、
作品の紹介や博多張子のワークショップ
などで交流やPRを行います。

【 実施概要 】
イベント名: 「博多・有田の伝統工芸品展 in 高雄」
-日本伝統工芸作家×台湾芸術家交流展「妖怪展」-

期   間: 2018年6月9日(土)~7月22日(日) 

主   催: WINWIN ART 未藝術空間」、はかた伝統工芸館

共   催: 博多伝統職の会、福岡市

協   力: 台北駐福岡経済文化弁事処(台湾領事館)

会   場: 「WINWIN ART未藝術空間」
住所/台湾高雄市鹽埕區大義街2-2号 C8-1
駁二藝術特區大義倉庫

内   容: 
「妖怪展」では”妖怪”をテーマに、
日本の伝統工芸作家×台湾の現代美術作家の交流展を開催。
同時開催で、福岡・博多、有田の伝統工芸の展示・紹介・
販売・PRを行います。

<出品作品>
博多人形、博多織、博多張子、博多曲物、マルティグラス、有田焼

<出品作家>
博多人形師・梶原正二
博多人形師・永野繁大
博多張子師・三浦隆
博多張子師・河野正明
博多織手機技能修士・宮嶋美紀
マルティグラス・杉岡良紀
博多曲物・柴田徳商店
有田焼創作絵付師・華仙
有田焼白磁陶芸作家・井上祐希


【オープニングイベント】 
6月9日(土)
14:00~  オープニング
16:30~  博多張子ワークショップ、作家交流会

※6月9日(土)のみ、博多人形、博多張子、マルティグラス、
有田焼の作家さんが参加します。

この期間、高雄にいらっしゃる方は、是非、お越しください。

5月31日(木)の西日本新聞(朝刊)でご紹介いただきました。







                                                           

(2018年06月04日更新)

Comments are closed.

このページの上へ戻る