【ニュース】「博多織伝統工芸士認定証授与式」が行われました。

本日、当館にて、「平成29年 伝統工芸士認定証授与式」が
行われました。

伝統工芸士は、全国で4,102名、
そのうち福岡の産地組合の伝統工芸士は
博多織48名、博多人形40名の方々が認定されています。

この度、その名誉ある伝統工芸士に、
博多織から2名の方が認定されました。


趣味で始めた織物にはまり、この仕事が天職だ!
と、伝統工芸士にまでなった
博多織伝統工芸士(製織)
中島 英子さん


染色部門としては、19年ぶりの誕生!
博多織染色業界では、
初めて親子2代で伝統工芸士になった
博多織伝統工芸士(染色)
木下 隆司さん

おめでとうございます!

【授与式の様子】




福岡市伝統的工芸品振興委員会 寺嶋貞夫会長より
主催者挨拶
「博多織の伝来から777周年を迎えるこの節目の年に、
伝統工芸士になられ、本当におめでとうございます。
これからさらに、日本の誇る、伝統工芸を国内外の多くの方々に、
アピールしていきましょう。業界のリーダーとして、また後継者育成に
努めていただき飛躍していただきたい。」





授与された中島英子さんよりご挨拶、
「日々精進を続け、腕を磨き、
みんなに、信頼されるような織手に
なって行きたいと思います。





木下隆司さんよりご挨拶、
「まだ発展途上だと思っていますが、
さらに高みを目指して頑張って行きたいと思います。」







中島さんの作品










木下さんの作品
















中島さん、木下さん、おめでとうございます。
今後、ますますのご活躍をお祈りいたします。









(2018年03月01日更新)

Comments are closed.

このページの上へ戻る