【イベント】※終了しました。~博多張子師・河野正明vs表現者~「百面相展」開催のお知らせ

はかた伝統工芸館では、
2月1日(木)~2月6日(火)まで、
~博多張子師・河野正明vs表現者~「百面相展」
を開催します。

当館では、福岡・博多にゆかりのある伝統工芸品を、
国内はもとより海外の方々まで幅広く知っていただける
施設として、あらゆる角度から展示・紹介しています。

その伝統工芸品のひとつ、福岡県特産民工芸品である
「博多張子」は、博多どんたくのにわか面や
十日恵比須の鯛の飾りなどで知られており、
大晦日にはダルマを、端午の節句には虎の張子を飾り、
お祭りや祝いごとが好きな博多の人々に古くから親しまれています。

今回はその博多張子と各分野で活躍している
表現者(作家)たちとのコラボ企画となり、
博多張子師・河野正明氏制作の「狐面」を用いて、
それぞれの技法やデザインを駆使してオリジナルの狐面を創作します。

これまでになかった「博多張子」と「ものづくりの作家たち」による
夢のコラボ作品をお楽しみいただきます。

    
【 実施概要 】
■期  間: 2018年2月1日(木)~2月6日(火) 
■時  間: 10:00~18:00(入館は17:30まで) 
最終日は17:00まで 
■主  催: 特定非営利活動法人3Knots(スリーノット)
■後  援: 
福岡県、福岡市、公益財団法人福岡市文化芸術振興財団、はかた伝統工芸館
■場  所: はかた伝統工芸館 1階 企画展示室  
※入館無料
■内  容: 
博多張子師・河野正明氏制作の「狐面」を用いて、
各分野の表現者(作家)たちが、それぞれの技法や
デザインを駆使したオリジナルの狐面を一堂に展示。

【河野氏制作の狐面】





【参加予定ジャンル】
博多張子 作家/河野正明氏
博多人形、博多織、創作型絵染、絵画、水彩画、書、
水墨画、染色、染織、ファイバーアート、テキスタイルアート、
シルバーアクセサリー、陶芸、木工、煤竹工藝、刺繍、編物、
漆、押花、つまみ細工、写真、版画、ビーズアクセサリー、
レザークラフト、フィギュアアート、ワイヤーアート、
イラスト、グラフィックデザイン、他


<博多張子師 河野正明氏 プロフィール>
定年退職後に選んだ第2の人生が「博多張子職人」。
基礎から学ぶため弟子入りし、伝統的な“虎の張子“や
“だるま”などをつくる中、干支ものなどアイデア満載の
創作張子を制作し、博多張子の伝承に努めている。





(2018年01月28日更新)

Comments are closed.

このページの上へ戻る