【リポート】「つくしの技のおもてなし展」リポート!

「つくしの技のおもてなし展」リポート!


現在開催中の「つくしの技のおもてなし展」は、
福岡の伝統工芸品である、
博多織・原田織物とマルティグラスの作品展です。


博多織とマルティグラス、
ふたつの伝統工芸の技術が集結した
新作「ランプシェード」は、今回はじめてのお披露目となります。




ランプシェードの傘の部分は博多織を使用し、
スタンドの部分はマルティグラスで制作。








マルティグラスは、
さまざまな色ガラスを何層にも重ね合わせて作り出されます。
手づくりなので同じものはふたつと出来ない
世界にひとつだけというのが魅力です。

博多織・マルティグラスの匠たちにより、
長い歴史の中で培われた技が融合した“イッピン”です!


今回の作品展は、日常使いできる伝統工芸がテーマで、
日常品として使えるさらに海外向け商品として
「博多織ボトルカバー」も新登場!




博多織のおりだし布を贅沢に使い、
ワインやお酒を入れるケースとして、
さらにはテーブルセンターとして使える商品です。



















その他にも、博多織のコースターやブックカバー、
マルティグラスは、酒器セット、グラスや花器など
日常使いできる商品が勢揃いしています。






5月30日(火)まで開催しています。
みなさん、是非お越しください。


(2017年05月19日更新)

Comments are closed.

このページの上へ戻る